よくあるご質問

本園に関して、よくお尋ねいただくご質問と、その回答を掲載いたしました。
ぜひご参考にして下さい。

その他、ご意見・ご相談・お問い合わせなどは、こちらよりお願いいたします。

放射線への対応は?

園内に、放射線量が高い場所(マイクロスポット)がないか、バルコニー、雨どい、砂場、雨水溝などを調べています。

測定器は、電気設備関係のお仕事をされている卒園児保護者の方から寄贈いただいた堀場製作所のRadi PA-1000(横浜市幼稚園協会から各支部に配布されるなど信頼のある機種)を使用しています。

(使用している測定器)

(清掃用吸引車)

調査しているなかで、「園舎裏の雨水溝の流れの悪い箇所」で、0.38μSv/h(地表1cm)が測定されました。
これは、「横浜市の対応の目安0.59μSv/h(地表1cm)」を下回っており、また、通常園児が立ち入らない場所ではありますが、念のため「清掃用吸引車」を手配し幼稚園全体の雨水溝や雨水枡の清掃を行いました。
これにより、雨水の流れが非常にスムーズになり、清掃後のその場所の測定値は0.087μSv/h(地表1cm)になりました。

なお、園内のそれ以外の場所では、
特に放射線量の高い場所は見つかっておりません。

追記

その後プール棟の雨どいの放射線量を測定すると0.12μSv/h(真下1cm)が計測されました。
雨どいの中が堆積物に覆われておりましたので、雨どいを新しいものに交換いたしました。

(雨どいの中の堆積物)

(更新された雨どい)

小学校との交流などはありますか?

小学校に、給食体験、校内見学などを受け入れていただき、小学校入学後、集団生活へスムーズに溶け込めるよう、地元の小学生との交流を図っております

(西富岡小学校との交流)

給食はありますか?

お母さんの手作り弁当をお願いしておりますが、月に2~4回のランチデーを設けています
専用機にて温める無添加のお弁当(化学調味料不使用)を使った給食サービスによるお弁当をいただきます。

3歳になってもまだ紙パンツが
とれないのですが、入園できますか?

入園はできます
紙パンツは今すぐに外し、布パンツをはかせてください。気持ちが悪いことを覚えさせ、トイレで排泄ができるようにお母さんも努力をいたしましょう。

食事や衣服の着脱が
一人でできないのですが、
大丈夫でしょうか?

まずはフォークやスプーンを使って食べることを意識させてください
また食べる事に興味を持たせることも大事です。
家族やお友達と一緒に楽しく食事をすることも効果的です。
無理せず楽しくおいしい食事ができるようにしましょう。
「着替えは自分でやるんだ」という意識を持たせてあげることが大切です。
まずは見守り、できない時は少し手伝ってあげるなど無理なくできるように促すことが大事です。

園児はどんな健康診断をしていますか?

健康診断は一学期に行います。
内科、耳鼻科、歯科、眼科の先生に来園いただいています。
任意で検尿も行っています

急用で迎えに行けなくなった場合は
どうしたらいいでしょうか?

18時30分まで「ひまわり・たんぽぽクラス」でお預かりできます。
「ひまわり・たんぽぽクラス」の詳細は こちら

通園バスのコースやバス停は、
毎年同じですか?

通園バスのコース・バス停は、在園児さんの住所等を考慮し、毎年調整しております
入園を検討され、現コースから離れている方はご相談ください。
なお、神奈川県私立幼稚園連合会において、「通園バスに園児さんが乗っている時間は30分以内にすること」とされております。
また、大震災の際、停電による信号等の支障により通園バスが動かせなかったときは、保護者の皆さんには徒歩でお迎えに来ていただきました。
周辺では渋滞も発生していましたが、混乱なく対処することができました。運行範囲はこのようなことも考慮しております。
そのためご希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。